2021年1月15日金曜日

米新政権

 トランプ政権によって構築された米中のデカップリングが今後のバイデン政権でどうなるのか注視されています。日本は中国の早期なコロナ対策での経済回復で恩恵を受けていますが、米中の間では貿易で対立の構図となり関係修復のめどは当面難しいと言われています。

おそらく、これまでのトランプ政権のような一方的に閣僚双方の外交を無視した唐突な交易の手法から変わるだろうと思われます。地政学的に日本は中国との経済関係に依存しているので、トランプ政権のような貿易の縛りからは少しは快方に向かうのではないかと予想しています。

米中の狭間で日本の立ち位置は政治的にも経済的にも非常に難しいですが、バイデン民主党政権になるとトランプ政権時代より米中間の緊張関係はやや緩和されるものと期待しています。日本は米中双方に偏ることなくバランスの取れた外交が必要と思います。

米バイデン新政権には様々な世界秩序の混乱した政策の手直しを期待したいところです。兎に角、残すところあと5日あまり、1月20日の新大統領就任式が無事に到来することを心より願っています。



2021年1月14日木曜日

抱負

 コロナ禍が皮肉にももたらしたオンラインの利便性を存分に活用しています。1月は米国西海岸でCESが催されるので、希望としては「百聞は一見に如かず」で一度は参加してみたいと考えていましたが、今回は幸いにも日経の現地シリコンバレー取材記者からのCESの取材状況をオンラインで視聴することができました。

在宅にてセミナーをZOOMで視聴する機会が昨年から急増してきましたが、漸く申し込みから当日の視聴までの流れをスムーズにつかむことに慣れてきました。在宅勤務の時間をフル活用するにはオンラインの視聴はベストです。従来の移動時間や意識・体力を考えるとその価値は絶大と感じています。

但し、会社内でのコミュニケーションや顧客との接点はリアルに比べてかなり劣ります。WITHコロナの状況が続く中で、この課題をどのように克服するかは大変重要だと思います。今後、社会のメカニズムが大きく変わっていくことは相違ありませんので、ビジネス上においても変化に対して敏感な対応が求められます。

DXで世界が先行する中で、テクノロジーや市場の変化においてスピードは益々加速されていくだろうと思われます。DX企業と称されるように、国内の一企業として更にステークホルダーとのコラボレーションを強化して、5GとIoTに総力を上げて努力を注いでいきたいと考えています。

2021年1月13日水曜日

趣味

久しぶりにテレビで松本清張原作の「張り込み」を拝見しました。何度も清張作品の映像は見てきましたが、見終えてもあまりすっきりした印象は抱かなかったのですが、今回の作品はストーリーの完結も今までより良かったように感じました。

推理小説を題材にした映像は、あまり原文に拘り過ぎると演技のしつこさを感じますので、時代とともに視聴者受けするように脚色の工夫するのは必要かと思った次第です。私は暇があればテレビで様々な作品を見る機会が多いので監督にもこだわりがあります。

毎年の国際的な賞で作品が披露されますが、正直あまり優れた作品だと感じたことはあまりないので、封切の映画には敢えて飛びつかないようにしています。放映権を維持したい優れた作品であればテレビで再放送として残るからです。

ひと頃は米国の刑事ドラマ「コロンボ」に嵌っていましたが、繰り返しでほとんどの作品は見ましたので、最近は英国の刑事もの「ポアロ」や「モース」に拘っています。日々の安らぎを得るには「小さな村 イタリア」などの現地取材の作品がお勧めです。


























2021年1月12日火曜日

待望

 新型コロナで世界が一変したことにより人類に様々な示唆が天から与えられたように思います。トランプ大統領を再選させなかった米国民にも極限において必死さが感じられました。地球温暖化防止のため世界が一応にサステナブルな社会へ目が向きました。国連加盟国間でも消極的だと言われていた日本も到達目標のゴールを決めました。再生可能エネルギーの進歩は21世紀に新しい地球環境の時代を築くことでしょう。

健康を維持するために医療の果たす役割も、感染症の拡大を防ぐうえで重要性が一段と再認識されることでしょう。また我々の生活習慣も環境を考えて取り組む必要が求められます。IT後進国のままで非効率に気が付かなかった日本社会も、新型コロナによってデジタル化が今後加速していくものと考えます。課題はデジタル化と産業構造の変化に国民をどのように導いていくかだと思います。

世界秩序がやや乱れだしている現在において、日本の果たす役割は大いにあると思います。それは平和に基づく非核化の推進や人種間・宗教間の差別を撤廃するダイバーシティや地球環境の推進などの面で、国連の中で世界の先導役を果たすことではないでしょうか。資源の乏しく、市場が限られている日本は諸外国との親密な関係強化は必須な立場なので外交力は特に重要だと考えます。



2021年1月8日金曜日

小さな村

 年末年始の退屈しのぎに何週間分か録画していたテレビ番組「小さな村 イタリア」を観て楽しみました。毎回、村人の様子や人生の語りを聴きながら、この方たちはどこで人生哲学を学んだのだろうと感心するのです。代々引き継いで家業を継ぐことを子どもの頃から教えられているようです。

日本も同じような時代がかつてはありましたが、高度成長とともに集団就職で都会へ出て、二度と故郷へ帰らなくなり地方は過疎化してしまいました。10年近くイタリアのこの番組を観ていますが、未だに放送が続いていることは懐かしさを感じている団塊世代も多い事ではないでしょうか。

先日、感動してメモに取った村人の言葉をひとつ紹介しますと、「人のために働いていることが一番の幸せだ」と何人かの老人が同じような思いを語っていました。かつては日本でもお互いに村人同士が仕事を助け合っていました。

小学生の頃の私も、農家の手伝いに行った祖母に連れられて夜の食事会に呼ばれていました。他人同士でもお互いに持ちつ持たれつの関係が農村には存在しました。イタリアの村で育った人たちは家族を本当に大切にしています。祖先から教えられた言葉を大人になっても大切に守っているのです。

ローマやミラノのような都会の事情は分かりませんが、イタリアでは今も多くの村が辺鄙にも拘らず現存しているのは事実です。「人生の幸せとは何か」という教えを毎回のようにこの番組から教えられています。素晴らしい番組なので是非一度ご覧ください。

2021年1月7日木曜日

年頭所感

 政治でも企業でもガバナンス(統治)が大変重要だと言われています。企業規模が零細であれば組織化しなくても細かい運営も可能ですが、企業規模が大きくなれば運営が段々難しくなります。すべての人が機能的に専門能力を発揮するためには、企業組織を通じて人がしっかりと統治していかなければなりません。

企業で業務上のミスや不祥事が起きるのもチェック体制に穴があるからです。未熟な企業ではルーチンワークに落とし穴あっても担当者に任せて気づかないこともあります。昔からマネジメントの鉄則として上司は部下に対して「任せて任せず」という言葉が使われます。

しかし、中小企業が急成長をすると管理がおろそかとなり、部下に「任せっぱなし」になる傾向が多いのです。部下の作業を常に監督する上司は、作業を部下に任せてもチェックや指示をして業務を管理する必要があります。

企業において大体のミスや不祥事は、部下の業務を管理する上司が他の業務に追われて管理していない場合に起こります。ミスや不祥事が起きないようにするには業務を統率する人的リソースが必ず必要となります。

その意味で、企業の組織づくりとガバナンスは経営において最も重要です。また企業には監査役という重要なチェック部門があります。しかし、一般の中小企業には形式的に監査役が存在しますが、企業内の業務を定期的にチェックする体制が殆ど機能していないのが現実です。

弊社においてもしかりです。企業が順調に成長過程を歩めない原因もそこにあります。コーポレートガバナンス(企業統治)と共に企業における業務や会計を監査する役割は大変重要です。自社の課題を毎年洗い出して、新しい年のスタートが切れるように本年も努めて参りたいと思います。


2021年1月6日水曜日

成人式

 コロナ禍で成人式をどうするかの様々な議論がありますので、私なりに最後は少し意見を述べたいと思います。残念ながら私は成人式には出ませんでした。理由の第1は、地方出身者なので、住民票を置いている知らない自治体の成人式に行っても仲間がいないので楽しくないから参加しない。第2の理由は、まだ大学浪人中の身で晴れた気持ちで参加する気になれなかった。人には様々な理由があるので成人式に参加したい人やしたくない人もいるはずです。私の場合は後者でした。

世代間で精神年齢の差はあるかもしれませんが、選挙権を18歳以上に引き下げるならば、いっそのこと成人の年齢も18歳に引き下げたらどうかというのが私の意見です。18歳であれば高校の卒業生と一緒に仲間同士で成人式にも参加できるので、私の当時を振り返ってみても有難かったと思います。高校を卒業したら地方を離れる場合がありますので、ふるさとで成人式に出ることはコスト的にも大変なのです。20才を成人と決めつけなくても、18歳で成人だとすることも国として今後検討してみては如何かと思う次第です。