2024年2月28日水曜日

蕎麦打ち

最近、蕎麦打ちを習い始めました。月一度で今回が2回目で先日の25日(日)の事でした。これまで蕎麦打ちには興味がありましたが、知人の蕎麦打ち話を聴いて面白そうだなと考えるだけで、せいぜい蕎麦屋の店頭での職人の実演を見つめるのが関の山でした。ところが、いつも出勤途中にバスで一緒になるご近所の方から蕎麦打ちをしないかとお誘いがあったのです。その方も始めたばかりで興味があればという打診があり、即答してご一緒しますという話になったのです。

当日は朝8時20分にエントランスに集合して一緒に車で20分くらいの区民センターの駐車場に入り、少し早過ぎたのですが指導の先生と参加者のメンバーを待っていました。9時に区民センターの開場とともに受付を済ませて教室に入り、着替えをしてからすぐに蕎麦打ちの実地の講習が始まりました。A4判のマニュアルを見ながら先生の指導を受けながら、蕎麦粉7割、小麦粉3割、水250CCを準備してスタートです。ちなみに、蕎麦打ちのための一切の道具はすべて先生のご持参物です。

混ざった粉の分量は蕎麦として4,5人前で、先ず大きなボールに粉を入れます。次に水をカップに100CC残して入れてから片手で何度も揉みます。しばらく揉んだ後に水を20CC強残して、更に捏(こね)ね回します。しばらく捏ね回した後に面を広げていきます。水も片手のひらで少し数回に分けで面にかけます。捏ね続けながら最後は長方形の形に面があるように棒で捏ねていきます。これがなかなか難しいのです。

最後に、面を平たくして端を揃えて折り畳み、専用の包丁で刻むのです。先月の1月初めての蕎麦打ち講習時は、最後に細く均等に刻むのが大変で、太くなったり切れたり、慣れないので大変でした。 片付けも含め講習は2時間ちょうどで終わりましたが、改めて蕎麦打ちの技の奥深さを、1回目は捏ねるのに必死でしたが、今回の2回目を過ぎて漸く実感するようになりました。出来上がりを家に持ち帰り茹でて食べましたが、茹でるのがまた難しいのです。

2024年2月27日火曜日

リスキリング(学び直し)

 少子高齢化時代へ向かう中で、日本が一人当たりのGDPを伸ばすにはリスキリングが必須だと考えます。先日、某企業の営業担当者が退職する事を告げられました。中小零細企業なのですが、人材不足の中で営業と加工を別職種にしているようで、業務のの生産性が低く、人材の定着も影響しているのではないかと考えます。

中小零細企業で完全な分業体制は時代に適合していないと考えます。成長を目指す企業では、社員が学び直してオールマイティを目指さなければ企業は成長しないと感じているはずです。成長して収益を上げなければ社員の待遇も上げようが無いのです。中小企業こそリスキリングを率先しなければ、企業も社員も生き残れない時代が目前に来ているのです。

リスキリングを重要視していない社会人が多い企業は、経営上の人材育成に問題があると考えます。かつての私はたまたま大企業へ就職しましたが、経理事務の傍ら営業も経験し、自ら進んで技術も学びました。大企業でもリスキリングの姿勢があれば、何でも経験して社内でも有用な人材になれるからです。

昨今リスキリングが必須だと此処彼処(ここかしこ)で叫ばれているのは、これまでの経験や知識だけではデジタル化の新しい時代に適合できないからです。自らの成長のため努力する姿勢が、これからの会社人生で活躍していく上でとても大切な要素だからです。若い頃に大先輩社員の「食わしてやっている」という厳しい一言が私には効き目がありました。

2024年2月26日月曜日

「もしトラ」

最近、「もしトラ」という言葉を方々で聴きます。今年11月の米大統領選挙の行方は世界中が注目していますが、次期大統領に共和党のトランプ氏が勝利して再び大統領へ復活すると巷では予想されているのです。日本政府内でも水面下で外交人事を検討する段階には入っているとか言われています。バイデン政権はリベラルで平時には適任ですが、ロシアの他国への侵攻や中国の台湾進攻や北朝鮮のミサイル発射に懸念を抱く世界情勢ならば、トランプ政権の方が威圧的で番犬の立場になれると考えます。

現状のウクライナを見ると武器や兵力ともに厳しく、ロシアがさらに優位な立場になりつつあります。ロシアの侵攻を止めるにも米国の力が必要ですが、バイデンよりトランプの方が米国議会の支持が得られると考えます。つまり、現状のバイデン政権では周辺国がウクライナ支援で疲弊する一方だからです。際限のない戦争を終わらせるには、権威主義国もあの手この手で困惑するような強力なリーダーシップが必要だからです。乱世の世の中だからこそです。

私も個人的にはバイデンの方が好きですが、残念ながら圧倒的な米国の力が無ければ世界の平和は保たれないのが現状です。かつて世界の警察と言われてきた米国は、一時期経済力が落ちて財政的余裕が無くなり、戦闘地域からの撤退が相次いで結果的に各国で民主派が倒れ軍事的独裁政権が誕生しました。国民にとって独裁政治より民主主義政治が好ましいのですが、民主主義政治が安定するには長い歳月を要します。日本もしかりです。


 

2024年2月22日木曜日

バブル(泡)が消えた?

1980年代後半のバブル(泡)景気の時代は今でも忘れません。若者が白い高級車ベンツに乗って街中を走る光景を見て、如何に異様な時代であったことが目に焼き付いています。当時は株も不動産もゴルフ会員権も価格がうなぎ上りでとても異常な時代でしたが、日本人はその変容さに気が付きませんでした。株価も1989年12月29日に38915円という史上最高値をつけましたが、土地投機等を抑えるため金融引き締めにより地価と株価は瞬く間に暴落していきました。

あれから失われた10年、20年、30年と日本経済の長期低迷によって、経済界はもとより市場関係者も今日に至るまですっかり自信を無くしてきました。ところが本日「まさか」という日が到来したのです。日本の市場関係者は米国の半導体企業NVIDIAの2024年1月期通期決算の行方に早朝から目が離せなかったのです。産業界全体もAIが牽引する半導体業界に新風を巻き起こしてほしいのが現実です。

本日2月22日は漸く日本経済がバブルを消し去ったように感じました。年初来、右肩上がりで上昇してきた日経平均が遂に34年ぶりに39000円という史上最高値を更新したからです。おそらく2024年2月22日という本日は今後の歴史に残る日になるだろうと考えます。3連休を前にして歴史的な瞬間に感動を覚えた投資家や金融関係者の方々は多いのではないでしょうか。今後の日本経済に心理的にもプラス方向へ働いてほしいものです。

2024年2月21日水曜日

センスを磨こう!

 センスにも色々なセンスがあります。デザインセンスとかファッションセンスとか、ビジネスでいれば経営上必要とされる様々なセンスとか考えられます。ビジネスセンスを身に付けるには自分の得意とする分野において日々の経験と努力が欠かせません。自分に向くか向かないかは様々なビジネス上の経験をしてみなければわかりません。大事なことは常に自分自身を信じて、自分と違った要素を持つ他人と比較しないことです。

つまり、他人と競っても精神力を消耗するだけで自分自身を成長させられないからです。アスリートでも独自の練習を積み上げるから他人と比較しても成長の仕方が違います。人は自分の成長を環境のせいにしますが、自らを普段と違う環境に晒さないと内面的に変わるはずがありません。いつも同じ環境に身を置いて自分を変えようとしなければ、歳を重ねても自分自身が成長することはあり得えません。

センスを磨こうとするならば、違う人材の集まる場所へ日々時間が許す限り積極的に行動することです。他人と比較しないと言いましたが、他人の動きを観察して自分独自のセンスを身に付けるべく日々努力することです。何でもオリジナルというわけにはいきませんので、真似ができそうと考えたならば周囲の人の行動パターンをよく研究することです。良い意味で「人のふり見て我がふり直す」ことがセンスを身に付ける意味で得策かと考えます。

2024年2月20日火曜日

出生数

 先日、2023年の出生数が72.6万人と発表されました。団塊世代の出生数の実に4分の1です。このまま進みますと将来は現在の人口の半分、およそ6千万人台となるでしょう。政府は盛んに少子化対策を打ち出していますが、すぐに出生数が改善するものではありません。実は人口減少の兆しは40年前からあり、日本の高度経済成長のピーク時から始まっています。

私の記憶にあるのは、当時からサラリーマンの扶養控除の額が殆ど変わっていないので、賃金の停滞とともに家計収入が目減りして子育てが長期にわたり厳しくなってきたようです。当時は日本の人口減に対して経済が順調だったのであまり否定的な議論は少なかったと考えます。地方の過疎化の議論も随分先になって増田元総務大臣から警鐘が鳴らされたように記憶しています。

少子化は地方の高齢化にもつながりますので、いずれ市町村が消滅するという話にもなります。為替も現在より円高で市中金利も高かく、米国との貿易摩擦も起きていた時代ですので将来の人口減に注目が行かなかったのでしょう。もし、この頃に真剣になって国が少子化対策を長期的ビジョンで政策を打っていれば、おそらく現在のような事態には至らなかったと考えます。

生産人口の減少は将来的にGDPが減少することに繋がります。一方、日本人の金融資産は円安・低金利下でも徐々に増えています。家計に眠っている金融資産を運用することも併せて重要です。過去を嘆いても仕方がないので、今後の日本はどんな国を目指すのかを政治の世界で真剣に考えて議論してほしいところです。



2024年2月19日月曜日

家庭環境

 最近、娘がたまにワンちゃんを連れて帰省してきますが、それ以外の日はTVで動物の取材番組を見るくらいで、日常は動物に接する生活をしていないので気楽だと言えば気楽な毎日です。歳を取って感じるのは動物の本能に感動することが多いことです。昆虫でも鳥類でも魚類でも野生動物でも同じことが言えますが、自分の命を懸けて子どもを大切にする習性には驚きます。誰も教えないのに本能を受け継いでいることも不思議です。

人間は親を見て子どもが順調に育つかといえば、そうとも思えないことも多いと感じます。人間の場合は育つ環境も違い、人と比較される社会の中で育ちますので人格も違ってきます。その点で先に述べた昆虫や鳥類や魚類や野生動物などは、一様に子育てに親の人生を必死に捧げている風に見えます。昨今の人間社会では親による子への虐待など動物にも劣るような事件が報道されますが、同じ人間として不思議で仕方がありません。

確かに、かつては地域のコミュニティや動物を飼育する環境に触れる機会も親子同士で多かったように思われます。やはり人間は集団に揉まれて成長する面が多々あります。私自身も特別に人並み以上に子どもを溺愛したわけではありませんが、若い頃を振り返ってみると「三つ子の魂」を重んじて、子どもと一緒に子どもの成長に相応しい過ごし方をしてきたような気がします。やはり、家庭環境が子どもの成長に一番強く影響してきたのでしょうか。