2019年3月22日金曜日

信賞必罰

今、働き方改革で労働時間の削減を法的に進めようとしているのは、有給休暇の取得も労働生産性においても、一向に産業界の改善の進み方が遅いからだと見ています。労働賃金が諸外国に比べて安いと言われているのも、付加価値や生産性が低いのが主な原因です。それだからと言って、賃金を諸外国並みに足並みを揃えて上げることも急には困難です。産業の究極的なデジタル化はこれからです。5GやLPWAなど通信技術は整いつつあるので、既存の事業変革に手をつけることだと思います。日本はキャッシュレスによる電子決済の進行も遅れていますし、まだまだ現金決済が多かったり、決済方法が少ないのが現状です。考えてみると、有給休暇の取得を法的に義務付けないと企業が動かないというのも変な話です。しかし、これからは罰則も課されますので、現実を変えるには企業も少しずつ変わっていくしかありません。刑法でも他の法律でも、法的な罰則が緩いのもありますが、新しい犯罪に法律が追いついていません。海外では終身刑になる犯罪も、日本国内では、犯罪を犯しても執行猶予付きで、実刑が軽く、保釈金を払えば釈放されたりするのが現実です。先進国でありながら刑法も未整備の部分は多く、類似犯罪が耐えない現状もあります。法治国家として、もっと罰則は厳しくあるべきだと思います。コンプライアンスの遵守が掛け声で終わらないようにしなければなりません。

2019年3月20日水曜日

地方会議

昨日は兵庫県の淡路島で開催された、2019ワールド・アライアンス・フォーラムinあわじに参加しました。「公益資本主義2050年の国家目標〜天寿を全うする直前まで健康でいられる社会の実現」をテーマとした海外の専門家も招いた国際会議でした。産官学の多くの専門家による医療・ヘルスケア分野における「技術イノベーション」および「制度イノベーション」に焦点を当てたプレゼンテーションやパネルディスカッションによる議論は普段滅多に聞けない話題ということもあり、大変勉強になりました。将来にわたりITが深く関連する分野でもあり、今後、国家の成長戦略としても重視していくべき課題でもあります。センサーやIoTをエコシステムで巡回させることが、広くは公益性、さらにSDGsへも繋がる活動だということです。地方会議は全国から初対面の参加者も多く、希少な縁も得られる機会です。

2019年3月19日火曜日

チャレンジ精神

妻子を連れて31歳の頃に、やむを得ない理由で職種転換して、現在のIT業界へ転職しました。今考えると、安定した仕事と立場を投げ捨て、敢えてリスクのある無茶な人生選択をしたようにも思えます。結果的には、数多くの山谷を乗り越えられましたが、一歩判断を間違えば、家族も犠牲にして、後悔の人生を歩んだかもしれません。しかし冷静に考えてみますと、無茶なリスクを次々に負ったからこそ、今の自分があるようにも思えます。当時は年齢も若かくてバイタリティもあり、困難にもめげない精神力があったからでしょう。もし15年以上も大企業にいたら、保守的になり、敢えてリスクを負うこともしなかっただろうし、中小企業経営者としての経験もできなかっただろうと思います。多少のリスクを負う経験を若い時にしても、決して人生のマイナスにはならないので、学生の皆さん、チャレンジ精神を発揮して、是非とも頑張ってください。

2019年3月18日月曜日

意見

ここ最近、毎年この時期に大学の卒業式に招ねかれています。当の卒業生がどれくらい真剣に傾聴しているのか分かりませんが、学長や学部長による挨拶の言葉が、背後に着席しながらも、とても意味深く感じさせられます。挨拶の中に、日本は民主主義社会なので、社会に出てからも、大学で培った知識をもとに自分で判断して、自分の意見を自由に言えるような人間になって頂きたい、というような趣旨の言葉もありました。昨今、社会のあらゆる分野において、連日のように生々しい犯罪が相次いでいることを大変懸念しています。特に、新しい時代に対しての法的な整備が追い付かないために、様々な犯罪性のある事象が、巷で絶えないような印象を抱きます。見て見ぬ振りをしてはならないとして、犯罪を告発した側に制裁を減免する処置が取られたりするのも、多発する事件の取り締まりが追い付かない現実があるからだと思います。やや話が脱線しましたが、これからの卒業生に期待することは、社会に出て、堂々と自由に自分の意見を言えるような、正義感を社会のあらゆる分野で積極的に発揮してほしい、ということです。

2019年3月15日金曜日

ポジティブ思考

「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」という言葉があります。人の悪口を言う人は、逆に人からも悪口を言われるのですが、大概それが分からないのです。ある意味、癖だからなかなか直らないのだと思います。私事ですが、時々従業員が汚した便器の拭き掃除をします。家で毎日便器掃除を実践しているから平気です。進んでやることによって気分良くトイレが使えるし、他の人も喜ぶと思うからです。大学進学の時も仕送りが全く無かったけど、新聞配達で新聞社の奨学金を受けたり、大学でも返済不要の奨学金を戴いたり、寧ろ家庭が貧しくても、人に負けないよう努力しようと思えば、様々な支援制度を受けることができたのです。また現代ではナンセンスな話ですが、大学卒業後の9年間のサラリーマン時代には、休み自体が取りづらく、休日どころか有給休暇も1日たりとも取得できませんでしたが、先輩方も同様に取っていなかったので、別に普通なので不平不満はありませんでした。寧ろ、そのような時代を乗り越えてきたからこそ、今は休みに対する満足感があります。心の持ち方はネガティブよりポジティブの方が気分も良いし、人間的にも成長するに決まっています。自分の不満を愚痴っても、相手に責任を転嫁しても、自分には何の得もありません。

2019年3月14日木曜日

得難きは時、会い難きは友

今朝、出掛けに日捲りカレンダーを見ましたら、上記の格言が書かれていました。「時は金なり」という諺もありますが、人生の残り時間は人其々ですから上手く使わなければなりません。私も3、40代は同業種交流や異業種交流に盛んに参加して、東奔西走しながら色んな人と会ってきましたが、当然、自分なりにビジネス書も多読しました。殆ど毎日のようにあちこち行動し、帰宅が深夜になることは普通でした。しかし、人間は誰でも残された人生の時間は限られています。他人は人の時間の都合まで考えませんから、私自身、今でも色んな会にお誘いを受けますが、極力勧誘をお断りをしています。なぜなら、他の事に費やしたい時間が多分にあるからです。それと、友には会いたいと思っても中々会えないものです。今は通信が便利に使えるので連絡が取りやすくなりましたが、会える時に会うことが大事だと、ふと今朝、日捲りカレンダーを捲りながら書かれていた格言を目にして想像した次第です。何事も「後悔先に立たず」ですね。

2019年3月13日水曜日

病は気から

私自身、この30年余りの間、仕事中に食中毒で救急車で病院へ運ばれたり、癌の疑いで一度だけ入院したことがありますが、それ以外での記憶では体調不良で会社を休んだことは恐らく数える程だと思います。自分自身の身体は却って会社を休まない方が緊張感があって体調が崩れません。週末は自宅で一息できるから嬉しいですが、週明けは程よい緊張感があって毎週出勤が楽しみです。最近は特に健康管理に気をつけていますが、言わずもがな周囲に迷惑を掛けたくないからです。健康管理は働く人にとって仕事の一部だという認識が必要です。時代は違うかもしれませんが、若い頃は冠婚葬祭で会社を休むことはあっても、体調不良で休んだことは記憶にありません。自分が周囲から見て、みっともない、情けないという印象を周りに抱かせたくなかったからです。今では通用しない強がりの性格なのかもしれません。お陰様で若い時に心を鍛えていたので現在の自分があるのだと思います。昔の人が「病は気から」とは口癖に言っていましたが、まさにその通りだと思います。