2020年7月3日金曜日

同級生

随分前になりますが、還暦祝いの中学同窓会が故郷で催されて一度だけ参加しました。故郷が遠いというのもあり、その前もそれ以降も参加したことはありません。

高校は生徒数も少なかったこともあり、40歳以降オリンピックの年毎に同窓会を実施してきました。と言っても大多数が限られたメンバーなので、結構まとまりも良く、地元に里帰りすると自然にみんなが集ってくれます。

ほとんど関東に出てきているメンバーは少ないのですが、今でも地方に住んでいる中学、高校の同級生とは話をしています。不思議なもので集まって同級生と話すと昔の気分に戻ってしまうのですが、皆さんも同じ経験をされているのでしょうか。

同級生も色んな人生を歩んでいますが、その中で一人、大阪府内で長年にわたり不動産業を営んでいる女性がいます。今は子どもや孫まで社員で働いていますが、彼女は中学以来の友人です。

実は弟さんが私の所在をたまたま発見して10数年以上前に姉の同級生につないでくれたのです。彼女の事は成人してからも多少は覚えていました。

此処だけの話ですが、中学を卒業して高校時代に彼女から手紙をもらったのです。その時に冷たい断りの返事を出したような記憶があります。

今でもそんな手紙を出したことを反省しているのですが、当時の彼女は、中学を卒業して関西へ集団就職して一人で寂しかったのだろうと思います。

今のご主人と知り合ったばかりに、ご主人の宅建資格をもとに不動産業として大阪で活躍しています。中学時代の勉強はまるでダメでしたが、人生ではビジネスで大成功を収めています。

昨日、お中元が届いたのでお礼の電話をしたら、お客様の賃貸案内で忙しそうでした。商売のネットワークが広いので、今はあちこちで講演会にも呼ばれたり、関西に住む有名な芸能人とも親しくしているようです。

まさに人間万事塞翁が馬です。

2020年7月2日木曜日

利便性

本日は在宅で終日「Smart Cityカンファレンス大阪」に参加しました。
これまでならば大阪に出向かなければLIVEが無かったイベントが、新型コロナ禍によりオンライン受講が可能となりました。
コロナ以前から政府のスマートシティ構想の中で遠隔システムの活用が話されていましたが、まさかコロナ禍の影響で本格的にデジタル化が一気に前倒しの形で到来するとは誰も想像しなかったはずです。
このデジタル化の流れを日本の成長戦略としなければ、時代を変革するチャンスは2度と来ないと思われます。
私自身も今回、コロナ禍の中で強いられた在宅でのテレワークがもたらした利便性を痛切に感じた次第です。
若い社員も含めて情報の共有化により、希望と夢のある未来志向のディスカッションが出来れば幸いです。

2020年7月1日水曜日

人事

毎年の事ですが、中小企業の経営者の立場から大企業のトップ人事を拝見していると、何故この人事が行われたのかと理由を考えたくなります。

大企業の経営トップも人間なので特徴的に一長一短があるのでしょうが、皆さん社長に就任したらご自分の色を任期中に出したいのだろうと想像します。

経営トップが変わると必ず大企業も様々な動きを見せるので、多くの社員の方はトップ人事が変わるたびに内心動揺するのでしょう。

当初は新鮮さがあり周囲は変化を好むのですが、数年経つと本性に皆が気づくことになります。大企業でもたった一人しか選ばれないトップ人事の成否は、ある程度時間が経たなければ結果に対する評価はできません。

国のリーダーも選ぶのは党員ですから、国政にとって相応しい人材なのかは支持率という物差しで国民は判断するしかありません。

企業の世界でも政治の世界でも権力を持つトップの主導権争いは絶えませんが、大切なことは人間としての哲学と崇高な理念ではないかと考える次第です。

権力者が必ずしも能力が優れているとは限らないのは当然ですが、ですから選ばれた人は常に謙虚さを失わない、自分を偽らない心を持つことが大切だと思うのです。

2020年6月30日火曜日

やまと尼寺

子どもの頃に祖父より「僧侶にならないか」と問われたことがあります。私は幼いころから仏様によく拝んでいたので、その話をされるのが一番嫌いでした。農家なのでまさかとは思うのですが、誰でも修業を積めば僧侶としての道も開けるのかもしれません。

実は週末に楽しみにしている「やまと尼寺 精進日記」というTV番組があります。住職と副住職、それに修業している女性の3人の生活風景のドキュメンタリー番組ですが、3人の女性の日常会話がいつも微笑ましいのです。

食事は確かに精進料理なので肉や魚は出てきませんが、結構美味しそうな料理を皆で手分けして作るのです。私は年季の入った住職のファンですが、お寺の大黒柱なのに意外と茶目っ気もあり、周囲からも親しまれている人なのです。

時々、ご近所でご主人が無くなり一人住まいの女性も加わり、4人でも会話も食事も和やかで楽しそうです。あの幸せそうな3人の光景を見ていると僧侶の仕事もまんざらではない印象を受けます。

奈良県の山中にある1300年くらいの歴史で由緒ある観音寺のようですが、長年地域に溶け込みながら日々を檀家とともに存在する日本の数々のお寺は人々にとって大切な場所だと感じた次第です。

2020年6月29日月曜日

薬売り

子どもの頃、田舎に回ってくる富山の薬売りの事を思い出しました。

たまたまTVで100年以上も続く富山の置き薬売りの放送を目にしたのです。未だに各家庭を戸別訪問する富山の薬売りの仕事が続いていることに驚いたのです。

家内も同世代で田舎育ちなので、薬売りの人から風船をもらったことなど記憶していましたが、当の私は年に1度くらい富山から遥々訪ねてくる横井さん、森さんという薬売りの人の名前まで記憶していました。

都会からやってきたという上品な身なりの印象の薬売り人で、農民に気さくに声をかける商人としての丁寧な態度には驚くばかりでした。

薩摩藩の島津久光公が富山藩の薬売りを通じて北海道の松前から昆布を隠密に運んだという逸話も大変興味がありましたが、全国的に網羅された富山の薬売りネットワークの仕組みは近代歴史においても大変注目に値します。

江戸時代の車もなかった時代の出来事ですが、令和に至る現代でも、未だに延々と商売が受け継がれていることに大変驚きました。


2020年6月26日金曜日

差別

今、アメリカでは人種差別に対する批判の声が顕著に高まっています。

アメリカ大陸発見のコロンブスの銅像も、黒人迫害の歴史的批判で撤去されたり、アメリカ映画で不朽の名作とも言われている「風と共に去りぬ」に対しても批判の矛先が向けられているようです。

日本でも部落差別が過去には問題視されたこともありましたが、現代社会ではほとんど聞こえてきませんが、移民大国アメリカでは長年の人種差別的なしこりが、未だに解決されていないように思われます。

何故、そこまでエスカレートして時代をアメリカ国民が遡らせるのか不思議に思いますが、人種差別が如何に人々の心を傷つける深刻な問題であるかということだと思います。

確かに「風と共に去りぬ」の中では黒人差別が見られますが、南北戦争時代の出来事を題材にした古い名作映画なので歴史を知る意味では極端に避けることはどうかと思います。

時代を振り返るとどこの国でも過去には大なり小なり各地で身分差別は存在しました。しかし、それを乗り越えて今の時代があります。

歴史は歴史で貴重な史実として理解し、過去の反省の上により良き社会を構築してきたわけなので、あまり文化・芸術の面まで否定するのはどうかと思います。

しかし、未だに彼らにとっては深刻な国内問題として存在しているようです。

2020年6月25日木曜日

株主総会

今日6月25日は多くの大企業で株主総会が開催されましたが、コロナ禍で出席人数を限定してのWEB総会も多かったようです。

まだ株主の質問を歓迎する総会であればいいのですが、議案を会社側でスピーディに議決したいために、総会が形骸化している印象もぬぐえないような企業もあります。

そのような企業は闇が解明されず、後々粉飾経理が発覚して不祥事を起こしたりするものです。

総会は出席した株主に経営の審判を仰ぐものであり、常に透明性があり、開かれたものでなければなりません。

経営は山あり、谷ありが普通ですので、株主にわかりやすく事業の経過説明をしなければ経営陣の信頼感は得られません。

株主は企業価値を高めてくれることを期待して企業へ投資しますので、もし株主を偽ったら株主代表訴訟を起こされても仕方がありません。

しかし、それ以前に経営者として株主の信頼を裏切ることになりますから当然、経営者として失格だと認識しなければならないのです。

直近では関西の公益法人で起きた事件のニュースがありましたが、中小企業としても長期政権だからこそ、総会においても常に襟を正す姿勢が必要だと痛感する次第です。