2021年4月16日金曜日

恩師

 「仰げば尊し 我が師の恩・・・」という歌は、既に卒業式のシーズンは終わりましたが、この頃によく聴かされたものです。昨日は3年振りに熊本県在住の高校時代の恩師と連絡がつきました。熊本地震から5年が経ち、先生もご年齢は76歳になられているはずですが、今も現役で予備校の講師をなされていると聴き、未だに教育に対する厚い情熱に驚きました。

先生には高校時代に担任とともに物理と地学を学びましたが、当時大学を卒業したばかりの新人教師で気軽に話せる兄貴のような存在でした。独身時代は狭い教員住宅にも話し相手に時々押しかけて泊まりに行っていました。その後教員住宅から出て、下宿先で夕食を摂られていた向かいにある食堂のオーナーの娘さんと結婚されました。

たまたま、そのオーナーが我が家と親戚で奥様もよくご存知の方でしたので、尚一層親しくなったのです。他にも数人の担任されていた先生たちとは、半世紀過ぎた今でも時々連絡を取り合ったり、我々の同窓会でお会いしたりしています。こじんまりした高校でしたが、先生と生徒との関係はとても親密だったように思われます。

ちなみに先生のあだ名は、エリートでお育ちの良いお坊ちゃんのような方だったので、生徒からは「ボッチ―」と呼ばれていました。


2021年4月15日木曜日

一番の財産

「人の持つ一番の財産は共感してくれる配偶者である」エウリピデスという紀元前480-406のギリシアの詩人の言葉です。まだご結婚されていない方々もご両親のもとに生まれましたので、ご両親にとって皆さんは財産なのだと思いますが、結婚してからの配偶者も同じく財産だと認識されていると思います。

近年、会社も漸く安定してきましたので、社員の皆さんの結婚の話を耳にすると家族のことのようで大変うれしい気持ちになります。子どもは血のつながりのある親のことを慕うのは当然ですが、配偶者は元々は血のつながりのない赤の他人です。配偶者のことを財産と思うかどうかは人それぞれですが、陰で配偶者を支えていただいていることに感謝しています。

なぜこんな話をするのかと申しますと、私自身がいつも配偶者から助けられていると共に、二人して地方の田園風景に囲まれた故郷に育ったことが共感できるからです。私も知り合って間もなく結婚を決めたので当初は性格と価値観の違いに戸惑いましたが、配偶者は変わったタイプの私にもっと戸惑ったはずです。しかし歳月を経ると財産だというのがわかります。

皆さんもまだこれから先が長いので、どうか配偶者を自分の持つ一番の財産だと思ってくださると幸いです。そうしたら本日のブログが人生の糧として生きてきます。では。



 


2021年4月14日水曜日

変化

 世界的なコロナ感染で国をまたがる人の行き来は殆ど制限されていますが、生産に伴う物流網は変わらず動いているために世界経済は維持されています。どこの国でも巣ごもり生活が浸透して、外出にお金を投じる代わりに室内での様々な消費が増えているようです。

企業もテレワークで在宅勤務の度合いが増えましたが、若い人たちには突然に生じた働き方改革の前進には歓迎の兆しがあります。多くの働き手は、毎日夜遅くまで仕事の付き合いで帰宅が深夜になることは普通で、今では想像がつかない世界のように感じます。

GDPも20年度は一時的に落ち込みましたが、21年度は徐々に回復してきますので、コロナ禍での需給のアンバランスは、新しい生活形態に向けて時間は掛かるけれど落ち着いてくるものと思われます。これまでにない新しいサービスも続々と登場する気がします。

これまでは時間に追われて余裕のない生活を当たり前としてきましたが、これからは与えられた時間を有効に使って、新しい生活習慣を作り出して、ゆとりある生活を楽しむ時代なのかもしれません。働き過ぎの日本から北欧諸国のような生き方ができれば理想的だと思います。

2021年4月13日火曜日

半導体

 ソフトウェア会社の経営者でありながら、20年以上前から半導体業界で様々な方々とお付き合いをしてきました。かつてDRAMで世界的に活況を呈していた日本の半導体メーカーは新興国との価格競争でその後沈んでしまいました。

何故、インテルやモトローラのように付加価値のある半導体のMPU(心臓部)分野へ先端産業として切り込まなかったのか、一介の素人には理解できませんが、どうやら我が国は2.30年先の市場の動向を捉えることが苦手のようです。

つまり業界内で横並びの競争ばかりをしてきた為に、家電でも共倒れするような価格競争が多かったように感じます。大量生産の市場では必ず価格破壊が生じます。価格で勝負する後発組が断然有利だからです。

今、問題になっている半導体不足は、米中貿易戦争によるサプライチェーンが破壊されたことにより需給のアンバランスで生じたようなものですが、これから半導体分野でも保護主義が広がっていくのかも知れません。

半導体は産業の米と言われましたが、米は作り過ぎて余ると価格が下がります。養分として捉えればもっと付加価値が生まれたのですが、残念ながら日本は現状に甘んじて更に技術を活かそうという考えには及ばなかったようです。

2021年4月12日月曜日

メディア

 早朝のウォーキング中にラジオをよく聴いていますが、コロナ前は民放のラジオを聴く機会などほとんど皆無でした。朝一番のラジオ放送はお馴染みのパーソナリティの登場で、聴いていて気分がすっきりします。つまり政治や経済に対する辛口の意見をズバリ言ってくれるからです。

これまでテレビ番組しか目にしなかったのですが、同じような話題をTV各局が延々と連日のように放送しているのと、ラジオ放送との大きな違いを発見しました。コロナ禍になって在宅勤務が日常化してみて、最近はラジオ放送が見直されている理由がよく理解できます。

今時、電波でラジオを聴いている人は殆どいないと思いますが、インターネットラジオ放送の普及は広くラジオ放送の人気に火をつけているのは確実です。最近はインターネットで全国のFM放送も自由に聴けますので、活用の仕方次第ではテレビ以上の影響力を社会に及ぼしかねない気がします。

最近の若い人が新聞を読まないのと同様に、テレビも観なくなり、インターネットでの動画配信とラジオによる音声配信が、情報入手の主流になる時代がそう遠くはない気がします。今のテレビ放送が、個人的にはもったいない時間だと感じているからです。しかし、内容を厳選すれば中には素晴らしい番組もあるのは当然です。

2021年4月9日金曜日

友人

昨日、久しぶりに大学時代の友人に電話しましたら、とても声が弾んでいて安心しました。昨年から電話連絡を取っていたのですが、音信不通でしたので健康状態に何か有りはしないかと気になっていました。実は今年の2月下旬の夜に吐血して救急病院に運ばれたとのことです。症状は内蔵の一部が擦れてそこから出血したようで、家族は身体が全く動かなくなったので死ぬんじゃないかと思ったそうです。

コロナ感染が流行している中での入院ですが、輸血の必要もなくて2週間で退院したとのことです。これまでも病気を患った話も聞いていましたので、元気に3月には退院できたことの連絡を受けて大変安心した次第です。彼は登山が好きで海外の山へも出かける人で、いつも揺るがない行動力には感心しています。2月に倒れる前も台湾の山に登る予定だったそうですが、何が彼を山に惹きつけるのかわかりません。

登山家や冒険家の人は命を懸けて冬山に登ったり常に危険な行動していますが、残念ながら私自身は周囲の反対も多く、そんな行動を起こす勇気も真似もできません。有名な某登山家の方の講演も数年前にお聴きしましたが、 その後、1,2年後に海外の登山で若くして命を落とされました。どんなに世間の脚光を浴びても命を落としてしまえば終わりです。それが冒険家の宿命なのかもしれませんが惜しい人物でしたので大変残念でした。

 

2021年4月8日木曜日

在り方

 昨日、45年ぶりに大学時代の友人と電話で懐かしく話しました。最初の手がかりはFacebookにローマ字で名前が出てきたのです。世の中には同姓同名の人が多数いるので本人と見分けるのは容易ではありません。しかし偶然にもSNSで返信がありました。

基本データから何となく彼らしい気はしましたが、こちらからアクセスしても反応がしばらく無かったのです。彼は小学校の校長を退任してから、さらに教育委員会の仕事をしたりしていたようなので、情報漏洩に用心していたようです。

彼と何人かの友人は、大学時代に法学部で学びながら私と教職課程を一緒に受講し、中高の教員免許を取得した仲間です。しかし、大学を卒業しても郷土で教職の募集はありませんでした。仕方なく仲間と一緒に大学の通信教育で小学校の教師になる計画を立てたのです。

私は先に民間企業へ就職して、通信教育も仕事と掛け持ちで勉強して、順調に単位を取得していたのです。しかし必修科目の音楽実習に、わざわざ会社を休んで札幌から当時の実習地である千葉まで受講に行けず、卒業単位まであと僅かに残しながら3年で在学を断念したのです。

タイトルと話の内容はかけ離れましたが、教員の夢を実現できなかった私自身の悔しい思いを胸に、社員を学校時代の教え子だと思ってアットホームな会社経営を目指してきました。卒業生からも親しまれる先生として、またお客様からも親しまれ、社員からも愛される会社として在りたい、というのが迂回しましたが今回のタイトルの主旨です。